導入までの流れ



お客様からクレームの電話がかかり、社員が的確な対応ができず「お宅の会社とは今後一切つきあいたくない」という声をいただいてしまった。
クレーム対応研修がしたいと弊社に問い合わせいただく。

担当者が伺い、研修ご担当者から以下のような情報をヒアリングさせていただきます。
例)

  • 企業理念や担当部署が目指すべき成果目標 等
  • 現在で起きている問題点 等
  • 問題を解決させるにあたって予想される障害 等

ヒアリング内容をもとに、個別具体的なカリキュラムを作成します。
例)
まず社員一人ひとりの応対を客観的に振り返させる
クレーム対応のスキルを学んだ上で、即実践できるようロールプレイングを研修に取り入れる
その後3ヶ月スパンで社員一人ひとりのスキルをフィードバックする
その他、言葉遣い・話し方のマナーに加え、社員一人ひとりのモチベーションをアップさせるカリキュラムを提案。 研修内容に合う講師の選定いたします。

例えば20人の職場。研修を受けたいが、一度に全員が職場離れるのは無理。
そんな場合にもアビットは対応。約6人ずつ3日に分けて研修を行います。
また、研修後のケアとして、職場のコンサルテーション、研修に付随したマニュアル作成も別途承ります。
研修形態としては、2時間程度のセミナーから合宿研修まで幅広く対応可能です。

Copyright(c) 2012 アビット株式会社 All Rights Reserved.