敬語の種類

敬語の種類

さまざまな職位や年齢の人と接するビジネスシーンでは正確な敬語を用いることは必須です。相手を高めたり、自分がへりくだったりと複雑ですが、その時の相手や場面によって、正しく使い分けができなければ、敬意を表す気持ちが上手く伝わりません。早いうちに敬語に慣れておきましょう。

代表的な敬語

主な敬語の種類には”尊敬語” “謙譲語” “丁寧語” があります。

尊敬語

相手(上位者・社外のお客様・上司など)の行為を上げ、直接的に敬意を表す。

  • 動詞の後ろに「〜れる」「〜られる」をつける。
  • 動詞を「お(ご)〜になる」「お(ご)〜なさる」の形にする。
  • 動詞そのものを変化させる。

謙譲語

相手はそのままで、自分の(社内の者)の行為を下げ、間接的に敬意を表す。

  • 動詞を「お(ご)〜する」「お(ご)〜いただく」の形にする。
  • 動詞そのものを変化させる。

丁寧語

ものごとや話し方を全体的に丁寧に表現することで、相手に敬意を表す。

  • 語頭に「お」「ご」をつける。
  • 人名には敬称をつける。
  • 「〜です」「〜ます」、「〜ございます」にする。

尊敬語と謙譲語の語形変化

尊敬語 謙譲語
言う おっしゃる 申す 申し上げる
聞く お聞きになる お耳に入る 伺う 承る
見る ご覧になる 拝見する
行く いらっしゃる おいでになる 伺う 参る 上がる お邪魔する
する なさる される いたす
知る ご存知 存ずる 存じ上げる
食べる くださる 賜る 差し上げる
いる いらっしゃる おいでになる おる
思う 思し召す 存ずる
来る お越しになる おいでになる いらっしゃる お見えになる 参る 伺う
もらう お受けになる いただく 頂戴する
Copyright(c) 2012 アビット株式会社 All Rights Reserved.