新入社員に贈る“これだけはやっておいた方がよい5つの事”

さわやかな春風と共に、街でフレッシュな新入社員の皆さんを見かける季節になりました。
新しいスーツが誇らしく、又初々しく感じます。

そんな新人の皆さんに、“これだけはやっておいた方がよい5つの事”をお伝えしたいと思います。

GD016_L

1.元気に挨拶をする

当たり前のことですが、自分から思いっきり元気な声で挨拶することが大事です。
率先して挨拶することは、会社で自分の居場所を作る第一歩です。
先輩たちは、皆さんからの元気な挨拶を待っていますよ。

2.新聞を読む

社会人として、これまで以上に情報収集が大切です。
世の中の動きをじっくりと知るには、やはり新聞です。
朝、気になった記事にマークし、帰宅後切り抜いてスクラップする。
スマホにない活用法が新聞にはあります。

3.健康に十分注意する

“健康管理も仕事のうち”と言われるほど、健康は大事です。
調子が悪いなと思ったら、とにかく栄養のあるものを食べて
1分でも早く寝る。これが一番ではないでしょうか。

4.謙虚な態度で周りの人と接する

社会に出ると複雑な人間関係が待っています。
年下の先輩もいるかもしれません。
新入社員として誰に対しても謙虚な態度で接していれば、周りの人は
喜んで様々なアドバイスをしてくれるでしょう。

5.どんなことでもメモをする

上司や先輩に呼ばれて、手ぶらで行ってはいけません。
必ず「ペン」と「メモ」を持って行きましょう。
あなたの仕事に対する“やる気”を見せることができます。
そして、書いたメモは必ず復唱、確認する習慣をつけることが大事です。

新入社員の皆さんのご活躍を心から祈っています。

(K.K.)

Copyright(c) 2012 アビット株式会社 All Rights Reserved.