話し方・聞き方のコツ

話し方・聞き方のコツ

話し方・聞き方のコツ

日頃、誰でも自然に行っている「話す」という行為。ビジネスシーンにおいては、こちらの意図をきちんと伝えるために、話し方はとても重要です。人前で流暢に話すことも大切ですが、まずは話をきちんと聞いてもらうために、内容を明確にし、好感を持たれる話し方を心掛けましょう。

また、「話し上手は聞き上手」とよく言われますが、ビジネスでは「聞く」ことも非常に重要になってきます。話を聞く際には、顔の表情や話しを聞く姿勢、適度な相づちなど、相手が話しやすい雰囲気を作ることが必要です。そして、耳で「聞き」、心で「聴き」、口で「訊く(訪ねる)」ことを心掛けてください。

このように、話し方・聞き方の意識を高めることで、もしかたしたら、何かのチャンスを得たり、思わぬ情報を入手できたりするかもしれません。

話し方のポイント

  1. 相手の目を見て話す。(アインタクトをしっかり取る。)
  2. 明るく、感じよく、肯定的な表現を用いる。
  3. 正確・公平な情報に基づき、具体的にわかりやすく話す。
  4. 他人のプライバシーを傷つけること(悪口・噂話等)、政治・宗教、ジェンダーに関わる話題は避ける。
  5. 言葉癖(注1)やファミコン語(注2)に注意する。

(注1)日頃、無意識に出てしまっている話の内容に関係ない言葉。「えー」「あのー」「そのー」「まあ」「はい、はい」など。

(注2)ファミリーレストランやコンビニエンスストア等でよく使われる言葉。「お名前のほう、ご記入ください」「よろしかったでしょうか」「こちらケチャップになります」「5千円からお預かりいたします」など。

聞き方のポイント

  1. うなずきながら聞く。(適度な相づち)
  2. 笑顔で。(相手が話しやすい雰囲気を作る。)
  3. 先入観を持たない。
  4. 相手の表現したいことは何かを常に意識する。
  5. わからないことは質問し、理解不足、行き違いを防ぐ。
Copyright(c) 2012 アビット株式会社 All Rights Reserved.