職場でより良い人間関係を築くには

職場でより良い人間関係を築くには

新入社員にとって、職場や取引先の人はすべて「目上の人」と言っても過言ではありません。また上司や先輩からは、仕事や業務内容だけでなく、社会人として必要なことなども教えていただくことでしょう。はじめて直面することは教えを請いながら、新入社員の持つ若さと熱意でたくさんのことを吸収しましょう。また、助言をいただいたら、謙虚に受け止めることが大切です。

教えてもらうことは新入社員の特権

業務内容はもちろんのこと、職場のルールなど、新入社員にとっては配属されてみてはじめて直面することがほとんど。教えてもらわなければわからないことばかりです。マニュアルで調べるなど、自らの力で何とかすることも大切ですが、まずは新入社員らしく謙虚な姿勢で上司や先輩に教えていただきましょう。また、注意を受けた時は、ふてくされたりせず、そのことを真摯に受け止め、素直な気持ちで聞くことが大切です。

難しい相性の人とは…

職場の中にはどうしても相性の合わない人もいるかもしれません。だからといって、その人と全く話をしないのでは、業務に支障をきたしてしまいます。苦手意識を持ってしまうと、どうしてもその気持ちは相手に伝わりがちです。その人の良いところをできるだけ多く見つけるよう、心掛けるようにしましょう。そのうちに良好なコミュニケーションが生まれてくるかもしれません。

目上の人との付き合い

はじめのうちは、周囲に気を遣ってばかりで、窮屈に感じることでしょう。ですが、上司や先輩も新入社員のことをとても気に掛けているのです。目上の人との付き合いを堅苦しく考え過ぎて、敬遠していては、職場での良い人間関係は生まれません。新入社員はきちんとしたマナーと一般常識、節度をわきまえた上で、新入社員が持つ若さとフレッシュさの特権を活かし、上司や先輩からさまざまなことを学ぶことが、最も自然なコミュニケーションの取り方と言えるでしょう。

Copyright(c) 2012 アビット株式会社 All Rights Reserved.