ビジネス応対用語

来客応対の際や、職場でよく使われるのが”ビジネス応対用語”といわれるものです。
プライベートで使うことは少ないかもしれませんが、日常におけるビジネスシーンでは頻繁に使われます。
日頃から”ビジネス応対用語”に慣れ、その場に合わせて使いこなさなくてはなりません。

ビジネスにおける慣用表現

普通表現 慣用表現
用件を受けるとき わかりました かしこまりました 承知いたしました
お詫びをするとき すみません 申し訳ございません 失礼いたしました
否定をするとき そんなことないです そのようなことはございません
許可・同意を得るとき いいですか
どうですか
どうしましょうか
構いませんか
よろしいですか
いかがですか
いかがいたしましょうか
お差支えございませんか
承認するとき 言うとおりです
そのとおりです
そうです
おっしゃるとおりでございます
ごもっともでございます
さようでございます
伝言を受けるとき 伝えておきます 申し伝えます
断るとき わかりません(知りません)
できません
わかりかねます
出来かねます いたしかねます
席にいないとき いません 席をはずしております
外出しております
その他の表現 ちょっと

ミス
なんでも言ってください
あとで
少々
ご用件、ご用向き
不手際
なんなりとお申し付けください
後ほど改めまして

「了解しました」「了承しました」という言葉を耳にします。
「了解」と「了承」では多少意味が違います。
「了解」は理解するという意味があり、「了承」はこちらの言うことを聞くという意味があります。
敬語としては「ご了承ください」「ご了承願います」はいいのですが、「ご了解ください」とは使いません。
「ご理解ください」が自然です。

接客接遇用語

  • いらっしゃいませ
  • ありがとうございます(ました)
  • いつもお世話になっております
  • どちらさま(どなたさま)でいらっしゃいますか
  • ○○さまでいらっしゃいますね
  • よろしくお願いいたします
  • お待たせいたしました
  • 失礼いたします(ました)
  • またどうぞ、お越しください
  • とんでもないことでございます(とんでもございません)
  • そのようなことはございません
  • 何かのお間違いかと存じます

クッション言葉

  • 恐れ入ります
  • 恐縮ですが
  • せっかくですが
  • あいにく
  • 残念ながら
  • よろこんで
  • 失礼ですが
  • お手数ですが
  • ご足労ですが
  • 申し訳ございませんが
  • お差し支えなければ

特に否定的な話をするときには、”クッション言葉”は非常に有効で、「残念ながら、〜」「あいにくですが、〜」からはじめた方が、相手の意にそえない内容でも与える衝撃はやわらぎ、なおかつ、話の趣旨はきちんと伝わります。

Copyright(c) 2012 アビット株式会社 All Rights Reserved.