敬称の使い方

ビジネスの場面では、上司や先輩、取引先のお客様など、敬意を表す呼び方をします。
社内ではもちろんのこと、社外の方に上司のことを話す場合、また自分を表現する場合など、気をつけなければならないことがいくつかあります。

自分の表現

男女問わず、「わたし」「わたくし」が基本の言い方です。「ボク」「オレ」「あたし」などは、ビジネスシーンにおいてはふさわしくないので、上司や先輩、お客様には使いません。

相手の会社を呼ぶとき

基本的には「御社」です。「おたく」や「そちら」はあまり感じよく聞こえません。例えば「そちらさま」のように、「さま」をつけると、少しは丁寧な表現になります。

社内での役職者の呼び方

「社長」「部長」「課長」など、役職名には敬意が含まれているので、「○○部長」という言い方で敬称をつけていることと同じになります。ですから、基本的には「○○部長さん」の「さん」は不要です。

社内の同僚、後輩の呼び方

基本的には、男女を問わず「さん」です。女性が、同期や後輩の男性に「くん」をつけることもありますが、一般的にはあまり好ましくありません。

社外の方に自社の人の名前を言う場合

他社の人やお客様に自社の人の話をするときは、敬称は不要です。たとえ社長や上司であっても、自社の人は社外の人に対して身内扱いです。ですから、「当社の社長の○○が」「担当の○○が」という言い方をします。

社外の方に自社を言う場合

「当社」「わたくしども」「手前ども」が適当です。「我が社」では硬い印象ですし、「うちの会社」では、逆に軽すぎます。

第三者に家族のことを言う場合

自社の人を身内扱いするなら、当然、自身の家族にも敬称はつけません。父・母・兄・姉など。さすがに上司に話すのに、「うちのおとうさんは…」とは言いませんね。

社内の者に対して 社外の方に対して
自分 わたくし わたくしたち わたくし わたくしども
相手 あなた あなたがた そちらさま みなさま
社内の同僚 ○○さん ○○(敬称なし)
社内の上司 ○○課長 ○○(敬称なし) 課長の○○
自分の会社 当社 わたくしども 手前ども
相手の会社 御社 そちらさま
社外の方の名前 ××様 ××部長(役職名で)
Copyright(c) 2012 アビット株式会社 All Rights Reserved.